ジャカルタで株式、インドネシア株- Indonesia Saham

2017年10月31日

 

史上最高値更新、インドネシア経済~その注目すべき産業とは

インドネシアといえば1990年代後半のアジア通貨危機で経済的に大きな混乱に巻き込まれたことが印象に残っている方も多いかもしれませんが、ここ数年のインドネシアは国の財政状況の目安とされる信用格付けが相次いで引き上げられるなど、過去の印象を払拭するかのごとく順調に高成長を遂げていて、2017年10月25日には史上最高値を更新し国の成長とともに株式市場も成長を遂げています。

こうしたインドネシア経済の成長は、増え続ける人口と、それに伴う旺盛な国内消費が考えられます。特にここ数年はリーマンショックからV字回復し、先進国の景気が悪化するといった状況が起こっていますが、インドネシアは世界第4位となる2.6億人の人口を抱えており、輸出が落ち込んでも内需の拡大が景気を支えています。一人当たりGDPもようやく3,000米ドルに到達した水準で、ちょうどこれから家電や車といったいわゆる耐久消費財の消費が活発となることが期待されます。

こうした状況を踏まえるなら、インドネシア株式の銘柄を選ぶ際も、内需関連銘柄を軸とすることが基本といえそうです。

 

証券税制が圧倒的に有利

2012年3月27日発表

インドネシアの証券税制で、証券取引所における株式取引の所得税率

株式の売却による利益、所得税の最終税率は、売買取引の総額の0.1%です

あまり知られていないようですが、証券市場を活性化させるため、優遇税制が適用されています。

 

インドネシア定期預金の特徴

インドネシアは高金利で有名ですが、実は税金も高額なのです。

インドネシアで定期預金を作る際には下記を頭に入れておいた方がいいでしょう。

20%の税金がかかる

BCA銀行の預金金利 BCA Suku Bunga Simpanan

一番良い金利で年利5%

仮に100.000.000 IDR(日本円で84万円)くらいを5%の金利で預金すると下記の様になります。

100.000.000×5%=5.000.000 IDR(年利)

5.000.000×80%=4.000.000 IDR(税引き後年利)

 

本日のユニリーバインドネシアの年初来利回り

26.68%(2017年10月29日)

仮に100.000.000 IDRで購入できていたとすると

100.000.000×26.68%=26.680.000 IDR

26.680.000×99.9%=26.413.200 IDR

割高と評価されているところもありますが、過去を遡ると非常に魅力的でした。

 

ユニリーバ・インドネシア (ティッカー:UNVR)

日本でも定着しているLuxやDove、Pondsといった日用品や紅茶のLiptonなどのブランド製品をインドネシアで販売するのがユニリーバ・インドネシアです。新興国におけるマーケティングも得意で、パッケージの小さな商品を販売したのも同社の戦略。もちろん同社の親会社は世界最大手の消費財製造メーカーであるユニリーバ。もともとインドネシアは石鹸の原材料となるパーム油などが産出されるため、従来は製品の輸出拠点としての機能していました。ただ近年は国内消費の拡大に乗じて売上を伸ばしています。外国資本企業としてその経営手腕が評価されており、東南アジアのブランド企業ランキングなどにも常連として名を連ねることでも知られ、成長余力とマネジメント能力を兼ね備えた企業として期待されています。

インドフード (ティッカー:INDF)

インドフードは即席麺や乳製品、調味料など、主に加工食品の製造および販売を手がける会社ですが、穀物生産や各種プランテーション事業なども行っています。子会社にインドネシア証券取引所上場のインドフード・CBP・サクセス・マクムール(ティッカー:ICBP)やシンガポール証券取引所に上場するインドフード・アグリ・リソースなどが含まれます。

コストカットなどが奏功し収益は拡大基調を維持しています。人口増や所得水準の向上を背景にインドネシアの国内食品市場は当面拡大が続くと見込まれており、内需関連銘柄代表格としての地位は揺らいでいないと言えるでしょう。

フィリップス証券

Phillip Sekuritas Indonesia

1989年にフィリップセクリタスインドネシアが設立され、インドネシア証券取引所(IDX)の信頼できる証券です。Phillip Sekuritas IndonesiaはPhillipCapital Groupの一員です。1975年以来、フィリップキャピタルは、統合されたアジアの金融機関として進化し、一般的に個人、法人および機関投資家向けに幅広い品質と革新的サービスを提供しています。

ジャカルタ本店
ANZタワーレベル23B
ジャラン・スディルマンロット33A
ジャカルタ、インドネシア10220
電話:(6221)57900900、57900800
ファックス:(6221)57 900 809
ウェブサイト:www.phillip.co.id

OPEN AN ACCOUNT or call (021) 57 900 900. Visit our Phillip Investor Centers, Your One-Stop Financial hub.

 

スポンサーリンク

Posted by Irish